関東でのアウトドアはこんな感じ

神奈川に住んでいます。
近隣には家族のBBQスポット多摩川がありますが、今はそこには行きません。今の多摩川はアウトドアを楽しむ環境が破壊されてます、自然を楽しむ余裕が無い環境です。
しかも場所代500円を徴集しながらもなお、環境は改善されないままです。
ココはもうしばらく様子をみるしかないかもしれません。
それもあり、今は、神奈川の相模川の河川でBBQを楽しんでます、込んでいないし車で河原まで行けるし、何よりも周りの人のマナーが良いです。
この場所でのBBQはいいろんな体験が出来ます、春は桜の開花と気温の高まりを肌で感じます。夏にかけては「鮎」漁の解禁と共に数を増して行く鳶の群れを眺めながらの夏の風を感じます。秋は河にの魚を求める白鷺の群れを眺めながらのゆっくりとワインを飲みます。冬は変わりゆく風景を眺めながらダッチオーブンの料理を堪能する良い季節、つまり年中アウトドアを楽しんでます。
こんな四季のアウトドアを繰り返していくうちに、その道具や食材にも変化があらわれはじめました。最初は食材のバラエティが中心でしたが、今ではシンプルな食材にこだわりの道具です。つまり良いものを使ってシンプルで美味しい料理を堪能するアウトドアにたどりつきました。
ココでアウトドアを楽しめる事は何よりも幸せで充実した時間が過ごせます。
神奈川の河も良い所があります。